治療費のこと

歯医者での治療にかかるとき気になるのは治療費です。 歯医者では基本的に保険内で全て治療することができるため、負担額は3割で済みます。 保険外となるのはより高度な治療をするとき、歯の被せ物であるクラウンに高価な素材を使う時です。 歯の根管治療するときについて回るのは細菌です。治療の際にこの細菌による感染を防ぐのに必要となる器具がラバーダムです。また細かく枝分かれした神経や病巣を確実に除去するにはマイクロスコープが必要になります。日本にはこういった高度な治療を行っている歯医者は少ないのですが、もし扱っていても保険外でやっている場合がほとんどです。 次にクラウンですが金属やプラスチック(レジン)の場合は基本保険内ですが、セラミックや金をつかった金歯は保険外になります。

プラスック(レジン)で前歯に主に使われるものが硬質レジン前装冠です。 これは金属の土台に白いプラスチックを被せたいわゆる差し歯であり保険内です。 その他に硬質レジンジャケット冠というものがありこれは全てがプラスチックで出来ていますが前から1〜4番目までが保険内となりますので気をつけましょう。 5番目からの奥歯はプラスチックは保険が効かないため金属の銀歯になるのでクラウンでは白くできません。 奥歯を白くするには保険外のセラミック素材があり、プラスチック比べて固く丈夫でより歯に近い白さを表現できます。 しかし、ブリッジにする場合は欠損部分に限ってはクラウンではなく義歯といった扱いになり保険適用でも白くできるため覚えておくといいでしょう。 歯医者ではこういったクラウンを入れたりブリッジをする場合、先生とよく相談し予算内で素材を決めるようにしましょう。