悩むことがある

治療したのに歯が痛む時は歯医者にかかるかどうか悩むと思いますが速やかに行きましょう。 治療の前にはまずしっかりとした問診をすることが大事です。自分の症状を正しく伝えないとそのまま歯医者の見立てで治療に入ってしまい、流されるままに進む恐れも有ります。 既に治療済みの歯が痛む場合に考えられるのは残っている歯の横から虫が食っていたり、前の治療が不十分で根の中が病気になっている場合があります。 その場合は前にどういった流れで治療し今後どのように治して欲しいのかしっかり伝えましょう。 根が病気の時は時間がかかってもいいので歯根の痛みはもちろん、違和感が無くなるまでしっかりと神経や膿の除去、消毒をお願いするといいでしょう。 治療したのにまた再発しては意味がありません、丁寧な治療が必要なのです。

歯医者での治療は長期間かかり、虫歯の進行具合によって長いときは半年以上かかります。 虫歯が再発したときは、根まで進行している場合が多く痛みが強いと神経を抜く必要が出てきます。 この治療で必要なのは歯の根本である根幹治療に時間がかかります。 根幹には複雑に神経が入り組んでおり全て除去するのは大変な仕事になります。 直接取り除く事に加え、神経を殺すためには何度も消毒が必要になり症状を見ながら経過を観察しなければなりません。 また、歯の歯根の先端が病気(根尖病巣)になっている場合は膿が溜まっており更に時間がかかります。 この病巣を治療することが一番大切なことなのです。ここでしっかり完治させないと再発のリスクが大きくなります。歯医者での治療が長いということは丁寧な治療をして貰っていると考えましょう。